DRZ-400S

最近めっきり減った市販トレールバイクです。ここでは簡単なインプレッションや整備の記録を紹介します。


 

外観です。ツーリング使用なんで、リアサスを目一杯落としてサイドスタンドをカットし、溶接して短くしてあります。

 

フレーム、

サスペンション

林道ツーリングメインで使ってるので、コースで乗るにはあまり参考になりませんが、初めに乗った時最近の市販トレール車はこんなにも進化したのかと関心しました。ギャップで振られることはないし、4スト400なのにガレ場でも何とかいけてしまう。CRM250に比べると確かに重いが、剛性はこちらのほうが一段上といった感じで高速道路を使ったツーリングが非常に楽です。サスペンションもさすがに進化しておりCRMなみに飛べそうです。

エンジン

400の4stですから吹けあがりこそ2stには及びませんが、軽い車体にはじゅうぶんです。燃費は平均22l/kmぐらいです。

装備デジタルメーターがいいですね。特に時計とツイントリップがありがたいです。ただしライトが暗い。ノーマルでは光量不足で車検でライン10回通しましたが駄目でした。回転数上げようが、接点磨いて新品バルブに変えても駄目。最後は原付用のハイワッテージバルブに変えてようやく通りました。
その他

タンク容量が10Lなんでツーリングには少し足りない。あとシート高が高い。エンデューロで使うにも背の低い私にはガレ場だと使いづらいでしょう。

でも作りこみはすばらしく、非常に軽量化してあります。シートフレームはアルミだし、エンジンのヘッドカバーはこの間気づいたんですけれどもマグネシウム合金でした。そのほかベアリングカラーがアルミだったりといろんな所に軽合金を使ってます。いまどこのメーカーもこういうレーサー譲りのトレールを作ってないんでかなり貴重な存在だと思います。これだけ走破性のあるバイクをモタードにしないと売れないというのはさみしいですね。せっかくストロークのあるサスに、4stながら下回りをできるかぎり削って地上高を稼いでいるのにその意味がなくなってしまいますから。

 最近乗る機会が少ないんで充電することが多くなりました。


 オイルは車もバイクもこれを使ってます。4Lで1980円

 よく良いオイル(高い)のを入れないと壊れるとか雑誌なんかに書いてますが、基油と粘度があっていれば問題ありません。高いのはこれにいろんな添加材を入れたり、流通過程で高くなってるだけで、パワーが上がるわけではありません。但し、環境面やレース用に使う場合と、極端に安い鉱物油は例外です。

 あと別売りの添加剤はやめたほうがいいと思います。シリンダー壁に皮膜を作るとかいろんなことが書かれてますが、普通に乗ってれば20万KMぐらいはシリンダーの寸法変化はマニュアルの規定内ぐらいしか減りません。ようするにオイルの膜によって浮いてる状態なんで膜を作ろうが、粒子が入り込もうが関係ありません。逆にレーシングエンジンでは怖くて使えません、多分カートなんかで使ったら焼きつくでしょう。昔、洋物の添加剤で処理したエンジンのオイルを抜いて、そのままフライトするセスナの宣伝がありましたが、あれ普通にオイルを抜いてもできます。2000回転ぐらいのOHVエンジンでしかもアブガスという鉛添加剤の入った航空用ガスなんで、離陸時パワーを抑えたら内部にへばりついたオイルだけで10分ぐらい回ります。

ちなみに仕事で使っているオイルは30年前の規格で、最新のエンジンに使ってますが、オイルの良し悪しによるエンジンのダメージは一度たりともありません。

 ドライサンプなんでケース側とフレーム側2箇所にドレンボルトがあります。サイズは14MMと12MMです。しばらく乗ってないとほとんどケース側にオイルが落ちてしまうので、フレーム側からはほとんど出ません。

 私は要らなくなった服やぼろきれで吸着材の変わりにしてます。走行1500kmでこんな色です。ちなみに色では劣化は判別できないので、スタンドなどで「オイル汚れてますので、交換した方がいいですよ」のうたい文句に騙されない様に。黒くならないとおかしいですから。

 ケース側にはコンディションチェックの為マグネット式のチップディテクターが付いてます。さすがレーサーゆずりです。

 チェックしたところショットピーニングの玉らしきものが付いてました。ショットを打つところですから、コンロッドかクランクあたりのものがどこかに入り込んでたんでしょう。

 ところで、このマグネット式のチップディテクターがよくエンジンを守る為といううたい文句で、売ってますがあくまでもコンディションチェックの為なんで、雑誌の広告などを鵜呑みにしないように。たとえフィルターに取り付けるタイプでも磁石に付く大きさのメタルはフィルターに捕まるので意味がありません。特に車用のものはミッションが別オイルなんで、新車時を除いてメタルなんて出ません。出たらどこかやられてます。ちなみにミッション一体式のミニなんかは、ギアの加工精度が悪くてしばらくはてんこ盛りにメタルが付いてます。

 後は、ドレンボルトを締めて(フレーム側18N/m、ケース側21N/m)オイルを規定量入れ、レベルチェックのためしばらくエンジンを回します。そしてエンジンを止め、しばらく待ってフレーム内のレベルが落ち着いたところで計測します。


inserted by FC2 system